帯状疱疹 症状 原因 対処法

帯状疱疹の症状と原因その対処法とは?

スポンサーリンク

帯状発疹の症状-原因と対処法-」にようこそ!
アドバイザーの西川 祥子といいます。

 

あなたは、帯状疱疹という病気を知っていますか?
帯状疱疹とは、どんな原因でどのような症状が出るのでしょうか。

 

身近な人が帯状疱疹になった、という話を聞くことも珍しくありません。
我が子や自分も含めて家族がかかってしまったなら、不安になってしまいますよね。
そんな時のために、今回は帯状疱疹の症状と原因・対処法を紹介します。

 

帯状発疹になる原因は?

 

帯状疱疹とは、水ぼうそうと同じウイルスによって起こります。
通常、子どもの頃にかかる水ぼうそうですが、
治った後もそのウイルスが体内の神経節に潜伏し続け、消滅する事は無いのです。

 

何十年もの間、ひっそりと潜伏し続け、
免疫力が低下した時に突然復活して、帯状疱疹になるのです。
復活するきっかけは、一般的にいくつか挙げられます。

 

・大きなストレス
・過労
・病気や手術
・免疫抑制薬の使用
・高齢化

 

このような条件で、人の免疫力は低下するのです。
免疫力が低下した時に復活したウイルスは、
神経を伝わって皮膚に到達して発症するのです。
神経に沿って帯状に発疹ができるため、帯状疱疹といわれます。

 

帯状疱疹の症状は?

 

初期症状は、発疹の出る数日前から体の一部に、
ピリピリ・チクチクした痛みを感じる事が多いようです。

 

チクチクしている部分が少し赤い程度なので、非常に分かりにくいです。
最初の発疹は、このヒリヒリする部分に出来ます。

スポンサーリンク

数日経つと、発疹は次第にはっきりして、激痛を感じるようになります。
発疹は、水ぶくれの発疹となり増えていきます。
この水ぶくれは、透明から黄色い膿疱となって、
6〜8日で破れてびらん・潰傷になります。

 

そして、痛みはさらに強くなり、発疹は神経に沿って帯状にはっきり出てきます。
最初の皮疹から1週間までは、赤みを帯びた紅斑や水ぶくれが拡大していきますが、
その後は治癒方向に向かっていきます。
約2週間でかさぶた、約3週間でかさぶたがはがれて治ります。

 

対処法は?

 

帯状疱疹は、抗ウイルス薬の内服点滴が有効とされています。
この薬が最も有効なのが、発症から72時間以内と言われているのです。
そのため、帯状疱疹の初期症状に気づいて、
直ぐに病院で治療を開始する事が、早く治す方法なのです。

 

突然体の片側に、神経痛のようなピリピリした痛みや、
かゆみを感じるようになった場合、その部分を日々観察しましょう。
もし湿疹が出始めたら、直ぐ皮膚科を受診するようにする事で、早く治療が開始出来ます。

 

・・・いかがでしたか?
帯状疱疹は、水ぼうそうを経験した人なら誰もがなる可能性のある病気です。
しかし、免疫力が低下した時に発症するので、
日々の生活で体も心も、健康を保つ事が重要です。

 

特に社会人になると、大きなストレスや過労を常に感じるようになります。
あまり無理をせず、ストレス発散したり身体を休めたりして、
免疫力が低下しないように心がける事が大切です。
また、自分の身体に現れたサインを見逃さないことも大切ですよ!

 

【免責事項】
当サイトは長年「帯状疱疹の関係」で悩んできた、「私の体験談サイト」です。
従いまして、当サイトから得た情報による、いかなる事項についても
当サイトは一切責任を負いません。全ては当サイトを読んだユーザーの
自己判断の結果としますので、予めご了承下さい。

スポンサーリンク